再生可能エネルギーの種類と将来性TOP > 各種再生可能エネルギー発電 > 太陽光発電

太陽光発電

 
ソーラーパネルの技術革新と世界的な競争によるコストダウンが進んで、日本でも太陽光発電システムの導入が着実に進んでいましたが、2012年にFIT(固定価格買取制度)ができて、普及がさらに加速しているように思います。

固定価格買取制度というのは、太陽光発電によって発電した電気の余剰分を固定価格で買い取ってもらえる制度です。買い取り単価は太陽光発電システムを設置した年度によって異なりますが、その単価を設置年度から10年間保証してもらえます。

これにより、さまざまな業者がソーラーパネルをたくさん並べてつなげたいわゆる「メガソーラー」を作って売電事業に参入しています。

また、一般家庭向け太陽光発電には国や地方自治体による補助金制度もあるので、このような固定価格買取制度とあわせて享受することで、太陽光発電システムを導入するインセンティブになっています。


現在の主流のソーラーパネルはシリコン素材ですね。多結晶タイプから単結晶タイプへの移行期にあるように思います。単結晶タイプの方がエネルギー変換効率がよく、20%弱程度で、パネル1枚(十数万円)あたり200W/h以上発電します。

1戸あたり3.5〜4.0kW/hくらいで設置する人が多いと思います。このくらいの出力の太陽光発電を設置すれば、日照環境によっては余剰電力の売電で利益が上がる可能性もあります。

シリコン素材のものの他に、CIS薄型皮膜を使用するソーラーパネルもあり、日本ではソーラーフロンティアや本田技研が販売しています。このソーラーパネルはパネル1枚あたりの発電量は落ちるものの、低価格なのがお勧めの点で、ソーラーパネルを設置できる広い場所がある方にはお勧めです。

ソーラーパネルの保証も、一般に10年保証が基本で、ソーラーフロンティアは20年、中国企業のサンテックや、カナダのカナディアンソーラーなどはもっと長い保証期間を提示しています。

結構高い太陽光発電システムでも十数年で元が取れると言われています。

エコにもなるし、万一の停電などを考えた場合、太陽さえあれば発電できる太陽光発電システムは、ちょっと食指をそそられる魅力がありますね。

 

各種再生可能エネルギー発電記事一覧

太陽光発電

ソーラーパネルの技術革新と世界的な競争によるコストダウンが進んで、日本でも太陽光発電システムの導入が着実に進んでいましたが、2012年にFIT(固定価格買取制度)ができて、普及がさ...

水力発電

水力発電といえば、日本の電力を支える主要な発電方法ですね。山間部に巨大なダムを作って水を蓄え、そこから落ちる水の勢いでタービンを回して発電する、そんなイメージを皆さんも抱かれる...

風力発電

日本では再生可能エネルギーというと太陽光発電を一番にあげるかもしれませんね。でも、太陽光発電はまだまだエネルギー変換効率も低く、コストも高いので、風力発電の方が安くてたくさんの...

洋上風力発電

風力発電のデメリットとして、風車による騒音や低周波振動によるさまざまな悪影響があげられます。景観を壊すという意見もありますね。なので、あまり人が近くに住んでいないところへの設置が理...

家庭用風力発電

一般家庭が導入できる再生可能エネルギー発電は、何も太陽光発電だけではありません。風力発電にも家庭用があります。風力発電は太陽光発電に比べてメリットもデメリットもあります...

波力発電

再生可能エネルギーというと、マスコミは太陽光発電とか風力発電などを中心に取り上げますが、波力発電(Wave Power Generation)なんていうのもあるんですよねえ。 ...

潮力発電(潮汐発電、海流発電)

波力発電同様、海を利用する発電方法ですが、波力発電と似て非なるものに潮力発電があります。潮力発電は潮の流れを利用するものですが、さらに潮汐発電と海流発電などに大別されます。...

地熱発電

地熱発電は、火山活動等による地熱を利用する発電をいいます。ざっくり言うと、地熱の高い地面に穴をあけ、噴出してくる蒸気でタービンをまわし、発電します。日本は火山がいっ...

海洋温度差発電

海の水の温度は、海面と深海とではかなり違います。この温度差を利用して発電を行う仕組みを海洋温度差発電(Ocean Thermal Energy Conversion。OTEC)とい...